• ホーム
  • 背中ニキビは早期解決が大切です!原因から見る治療方法を紹介します

背中ニキビは早期解決が大切です!原因から見る治療方法を紹介します

2020年04月27日

目の届かないところにできてしまう背中ニキビ。自分ではなかなか気付きにくいために、知らないうちに症状が悪化してしまうこともあります。跡が残ってしまわないためにも、事前にきちんと原因を知って予防したり、正しい治療方法を知っておきましょう。

背中ニキビは、年齢や性別関係なく現れるという特徴があります。主な原因は生活習慣に関係していると言われており、スキンケアを見直しただけでは治りにくいため注意が必要です。また、意識をしていないとなかなかチェックしない箇所でもあることから、ケアがおろそかになり悪化することもよくある話のようです。

背中ニキビが悪化してしまいますと、皮脂や角質が毛穴に詰まって黄白色に盛り上がったものがみられるようになります。症状がさらに進行してしまいますと、炎症を起こして痛みを感じるようになったり、詰まった皮脂が酸化することで黒くなったりします。これ以上悪化してしまいますと、炎症を起こして膿が溜まることもあり早めに対処をすることが重要となるでしょう。

背中ニキビが出来る原因には様々なものがあり、主に皮脂や汗、不規則な生活や食生活の乱れ、肌の乾燥やストレスが良くないと考えられています。また、背中には皮脂腺が多いこともニキビが発生しやすい原因として挙げられます。ホルモンバランスは不規則な生活や偏った食生活をおくることで乱れやすくなり、その影響で肌のターンオーバーが乱れてニキビができやすくなります。

また、意外と気を付けなくてはいけないのがお風呂に入っているときに、背中が十分に洗い流せていないということです。髪の毛を洗おうとして、シャンプーやトリートメントが背中についてしまい、そのままきちんと洗い流せないでいますと背中ニキビができる恐れがあります。清潔な状態を保つためにも、洗い流すときは髪の毛だけではなく身体全体のすすぎ残しに気を付けましょう。

そして、ストレスが溜まりやすいような状況も、できる限り作らないようにしなくてはいけません。身体がストレスを感じますと、皮膚の免疫力が低下して炎症が強くなったり、再生力が低下したりする恐れがありますので注意が必要です。

ストレスが溜まっているかもしれないと感じましたら、適度に休んだり気分転換をしたりするなどして、自分なりの発散方法を見つけておくと良いでしょう。背中ニキビの症状が悪化するようであれば、医師に相談をして早期の治療を心がけることも大切です。