• ホーム
  • ニキビ治療薬スキノレンクリームを効果的に使う方法を大公開します

ニキビ治療薬スキノレンクリームを効果的に使う方法を大公開します

2020年03月20日
肌がきれいな女性

ニキビ治療薬のスキノレンクリームは、小麦などに含まれている成分であり日本では医薬品としては認められていないという特徴があります。ですが、アメリカやヨーロッパなどでは昔からニキビ治療薬として用いられています。

スキノレンクリームにはいくつかの効果があります。まず、ニキビの改善効果です。ニキビは角質が厚くなって毛穴が詰まってしまい、過剰な皮脂の分泌やアクネ菌が発生することで悪化してしまいます。スキノレンクリームには毛穴のつまりを改善して、過剰な皮脂分泌を抑える働きやアクネ菌に対する抗菌作用があります。皮膚科ではよくディフェリンゲルが処方されますが、それには劣るもののニキビ予防や悪化を防ぐには有効な薬だと言えるでしょう。

ニキビ以外には美白や育毛効果も期待できると言われています。スキノレンクリームに含まれるアゼライン酸はもともとは美白剤として研究が進められていたものです。研究の中でニキビに対する効果が発見され、同時に色素沈着してしまったニキビ跡を目立たなくする働きがあるということもわかりました。また、毛穴の詰まりを改善して皮脂の分泌を抑えるという働きは、育毛にも良いということがわかっています。海外ではミノキシジルとアゼライン酸を配合した育毛薬も売られていると言われています。

スキノレンクリームは1日に朝と夕方の2回使用してください。顔全体に使用するのではなく、患部に直接塗りこみましょう。敏感肌の人は、1日1回から使用して慣れてきましたら2回に増やすのも良いでしょう。使用料は1回に約1g程度であり、顔に塗る前に必ず洗顔料などを使ってお肌を清潔な状態にしてください。化粧品や乳液などを使って肌の保湿が終わった状態で使用すると、より高い効果が得られるでしょう。

スキノレンクリームは稀にではありますが、使用した後に皮膚の赤みや痛み・かゆみなどを感じることがあります。肌の状態が悪くなった場合はすぐに使用をやめて、皮膚科に行って相談するようにしてください。また、プロポレングリコールにアレルギーがある人は、薬を使用することでアレルギー反応が出るため使用してはいけません。必ず事前に医師に伝えるようにしましょう。

ニキビ治療薬のスキノレンクリームは、高温多湿・直射日光を避けて保管しなくてはいけません。また、使用する際には必ず肌だけではなく、手もきれいな状態であることを確認してから使いましょう。当然ですが、期限が切れた薬は使用してはいけません。